天才!?マッド菜園ティストHI-Dの生活

皆さんご存知マッド菜園ティストHI-D先生のマッドな品種改良を記録していく場です。まぁまぁ頑張る!

エゾイチゴ、日本に自生する純国産の野生ラズベリー。

【はじめに】



エゾイチゴは外来種ではない。


日本には多くのキイチゴが自生していますが
これはラズベリー(ヨーロッパキイチゴ)の亜種で

近縁にトゲナシウラジロイチゴ、ミヤマウラジロイチゴ、カナヤマイチゴ、シナノキイチゴなどが存在します。

つまり日本にもいわゆるラズベリーが数種類存在するということです。










【1 】エゾイチゴの果実は甘い



f:id:glowglow-seinaru-ossan:20180811081645j:plain

見た目はラズベリーと変わらないがサイズは半分程度。1メートル近い大苗からの果実なので株が未熟ということではない。


f:id:glowglow-seinaru-ossan:20180811081928j:plain

糖度は11~15.8である。

梅雨の時期は糖度が低く糖度13程度、日照が続くようになってからは14~15が多く、最高で15.8が出た。

ラズベリーよりも遥かに高い糖度である。


味はラズベリーの中でも甘味が強いナンタヘーラより甘い。

酸味もラズベリーより少ないが、これは個体差があるだろう。






【2】エゾイチゴの花


f:id:glowglow-seinaru-ossan:20180811081815j:plain
花のサイズや形はラズベリーと全く変わらず。自家受粉するが、あまり実付きはよくない。

他の株からの花粉が付くと受粉しやすい。


f:id:glowglow-seinaru-ossan:20180811082502j:plain


花数は1房に8~12程度でラズベリーと変わらない。


f:id:glowglow-seinaru-ossan:20180811082635j:plain

葉はラズベリーと変わらないが、やや丸みのあるタイプでナンタヘーラに似ているタイプ









【3】ラズベリーとの違い

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20180811082750j:plain

最もラズベリーと異なるのはこの成熟した茎の色で、ラズベリーは赤茶色になるが、エゾイチゴは黄土色になる。

というかトゲの色が黄色っぽい。

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20180811082938j:plain

ただし、新しく出たシュートは赤い毛があり、まるでエビガライチゴのようである。


遺伝的にラズベリーとエビガライチゴは近いらしいがまぁ、エゾイチゴも似たようなものだろう。



北海道大雪山からやってきたこの株だが、

茎の色と大きく育つことからヒグマ1号と名付けた。

(2号もあるよ。)



暑さに弱いと思いきや

連日35度を超えるこの夏も余裕そうである。