天才!?マッド菜園ティストHI-Dの生活

皆さんご存知マッド菜園ティストHI-D先生のマッドな品種改良を記録していく場です。まぁまぁ頑張る!

意外と深いクサイチゴの育て方

【クサイチゴの育て方】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20181229194011j:plain
こんにちはマッド菜園ティストHI-Dです。
よく僕はマッドさんと呼ばれるのですが
マッド菜園ティストのHI-Dさんなので
ひでぃーさんと呼ぶのが正しいですね、笑

まぁなんでもいいです。

クサイチゴは日本で最も普通に見られる
普通のキイチゴですが、意外に糖度が高く
果実が大きく、香りが甘いので
ハマる人はかなりハマるキイチゴですね。

ただ果実が色づいたから完熟という訳ではなく
性質も意外と面白いものがあるので

今回はその辺も踏まえて書いて行きましょう。












【クサイチゴとは】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20181229193958j:plain
クサイチゴは本州に幅広く自生する木苺で
他のキイチゴ類と比べて圧倒的に土壌適応力が
強いのが特徴ですね。

明るい草原から暗い森にまで適応しますが
暗い森の個体は果実を付けずに地下茎を伸ばし
増殖を続けます。

明るい場所では良く花を咲かせ
果実を付けていますね。

バライチゴなどに近いタイプの木苺ですが
身長10cm程でも開花するので家庭菜園など
でもコンパクトに栽培できます。
















【クサイチゴの種の蒔き方】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20181229194003j:plain
クサイチゴの種を蒔いて栽培しようと思う
方はあまりいないと思いますが
種を蒔くと世界で唯一無二のオリジナル
品種を作ることができるので

クサイチゴだけを用いて品種改良するのも
面白いかもしれませんね。

クサイチゴの種まきは容易ですが
休眠期間があるのである程度の低温に
2~3ヶ月さらさないと発芽しないという
性質があります。木苺はほとんど同じですね。

南方系の種やカジイチゴの近縁種であれば
取り蒔きすれば秋には発芽しますが

クサイチゴの場合は春に蒔いても冬を越さないと
発芽しないので、土中期間が長く乾燥の恐れがある
取り蒔きより、秋まで待って猛暑が去ってから
種を蒔くのが得策でしょう。

土は極小粒の赤玉土や鹿沼土が良いと思います。

僕はピートモス入りのものがあまり好きでは無いので
使いませんが市販の種まき用の土でも大丈夫です。

深蒔きすると発芽出来ない場合があるので
種のサイズの2~3倍くらいの深さに蒔くと良いでしょう。
ただ種が細かく土の表面にパラ蒔きしても発芽するので
深く蒔きすぎなければ問題ありません。

発芽直後にダンゴムシに食われることが多いので
どんなに小さなダンゴムシの侵入も見逃さない
ようにしましょう。

これマジ大切!















【クサイチゴの土】


野生のクサイチゴはふかふかの腐葉土
の上に生えていることが多いですが
かなりアルカリ性に傾けた土を使っても
ラズベリーのように枯れることがなく
かといってブルーベリー栽培用の酸性
の培養土でも枯れませんでした。

そういった意味ではクサイチゴは
かなり栽培が楽なキイチゴだと言えますが

アルカリ成分がある方が味が良くなると思います。
ただ過剰になると吸収できなくなるので
普通の赤玉土と腐葉土の混合培養土に
蛎殻や麦飯石、海藻堆肥などを軽く加えて使うと
良いと思います。












【クサイチゴの肥料】

日清 骨粉入り油かす 1kg

日清 骨粉入り油かす 1kg

クサイチゴは根が強いので
ある程度肥料をやり過ぎても問題ありません。

元肥には緑肥が何気に効果があるのですが
はじめは油かすなどで良いでしょう。
少し竹炭や草木灰を混ぜるのがおすすめです。
量は一株につき総量で15~20グラムほどが目安です。

追肥には緩効性で窒素とリン酸を
供給できる骨粉入り油かすを用いるのが
良いですね。時期はラズベリーと同じで大丈夫です。
量は一株につき1~2つまみほどですね。

もちろん無肥料でも栽培できるので
それほど気を使う必要はありません。

















【クサイチゴの剪定】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20181229194017j:plain
クサイチゴの剪定は
それほど気を使う必要はありませんが
細すぎるシュートをカットし

新しいシュートがある程度伸びたら
先端を切り詰めるとそこから芽がでて
収穫量が増えます。

その他は色の悪い葉や異常に小さい葉、
それから枯れ枝などを取り除くだけで良いでしょう。















【クサイチゴの受粉】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20181229194355j:plain
クサイチゴは場所や個体によってなりますが
3月~5月までの間に咲いているものが多いです。
ただ、基本的に自家受粉しないので
クローンではない株が2株ないと果実がなりません。

花粉は開花後、ヤクが乾燥すると目に見えて粉っぽく
なってくるので、それを受粉に使います。

自分の花粉で受粉が出来ないので2株間での受粉が必要です。

探せば自家受粉する個体もいるかも知れませんが
ほとんどはしないので見つけたらラッキーですね。
むしろ探してみて下さい。











【クサイチゴの実】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20181229193955j:plain
クサイチゴの実は赤く熟して
糖度がある程度高いのが特徴です。
基本は11~14程度ですが、良い物で16
稀に17~18に達する個体も存在します。

糖度15でアールスメロン並なので
意外と優秀であることがわかりますね。

赤くなったから完熟というわけではなく
完熟果はイチゴに似た甘い芳香を放ちます。

糖度が上がるのは赤く熟してから2~3日後なのですが
果実は細かい粒が寄り集まって出来ているので
取り遅れると崩壊して落下しやすく注意が必要です。

出来れば赤くなってから3~5日までに収穫すると
良いでしょう。
















【クサイチゴの面白い性質】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20181228174217j:plain
クサイチゴと言えば大きくて
ホワホワしているイメージがありますね。
普通に栽培すると同じように育ちます。

ただ支柱を立てて縦に育てると
果実は小さくなりますが花数が増えて
引き締まった果実になるのです。

そうすると果実が崩壊することなく
収穫出来るので、もしも万が一営利的に栽培
するつもりであれば参考にしてください。

普通に栽培すると1カ所の花芽から1花咲きますが
縦に支柱を立てて栽培すると1芽から3花咲きます。

風による葉スレなどで果実が黒く傷むことも多いので
その点でも支柱を立てるのはおすすめです。

サイズが欲しければハンギングの様な形にしても
良いかも知れませんね。

鉢のサイズは3号でも開花しますが、
まともに栽培するのであれば
8号以上が良いでしょう。


















【終わりに】

山ではまるで雑草のように生えている
クサイチゴですが、個体によっては
かなり糖度が高く甘味が強いです。

強健でコンパクトに栽培できるので
木苺の入門品種にはうってつけですね。

個体を選べばかなり優秀なので
山で良いものを探すか、もしくは
種から良い物を探すかすると良いと思います。






IRIS 園芸支柱 イボ付5本セット グリーン ES11095

IRIS 園芸支柱 イボ付5本セット グリーン ES11095

デジタル ポケット糖度計 PAL-1

デジタル ポケット糖度計 PAL-1