天才!?マッド菜園ティストHI-Dの生活

皆さんご存知マッド菜園ティストHI-D先生のマッドな品種改良を記録していく場です。まぁまぁ頑張る!

ヴィトロプランツでアスパラガスの細胞を培養

【はじめに】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20181230210441j:plain

皆さんはバイオテクノロジーに手を出した
ことがあるでしょうか?

バイオテクノロジーというと試験管で
未知の生物を生み出すイメージがあるかも
知れませんが、正にそういったことも可能です。

例えば細胞融合とかも設備があればできますし
本来発芽しない種子の胚を培養することにより
属間雑種などを作出した例などもあります。

有名なのはアメリカンチェリーとプラムの
雑種であるバイオチェリーや、行者ニンニクと
ニラの交雑種である行者菜などですね。
特にネギ類では盛んに行われており今後も
注目ですね。

まぁそこまで高度なことはやりませんが
今回は細胞を培養し、植物体を培養する
茎頂培養(メリクロン)を行ってみました。














【ヴィトロプランツキットにアスパラガスを利用した経緯】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20181230210353j:plain
なぜアスパラガスを利用したかというと
日本ではある時期になると、イタリアは
ヴェネト州エウガネイの野生アスパラガスが
出回ります。

その野生のアスパラガスの味がかなりよく、
トウモロコシの様な芳香で味が濃く苦味が一切ないため、
栽培したかったのですが苗が手に入りませんでした。

苗が手に入らないなら野菜として販売されている
ものから細胞を培養してしまえば良いじゃないか!
と天才的にひらめき、培養を試みました。















【ヴィトロプランツとは、家庭でもできるバイオテクノロジー】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20181230210523j:plain
ヴィトロプランツとはオートクレーブや
クリーンベンチなどの設備がない家庭でも
植物の組織培養を行えるキットを
販売している会社です。

仕組みとしては塩素を培地に添加して
雑菌が少し入っても殺菌されるように
なっている感じですね。

一昔前にランの種子繁殖の培地に
漂白剤を少し入れるのがはやりましたが
それを少し発展させた様なものです。

初回は無料お試しキットがあったので
試すのに丁度よかったです。

ただわりとコンタミするので
狭い空間を殺菌した部屋を用意して
その中で作業をするのがおすすめですね。

トイレとかを次亜塩素水とアルコールで
消毒しまくって無菌に近づけるといいかも
知れません。















【ヴィトロプランツキットでの培地の作成】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20181230210815j:plain
ヴィトロプランツの培地の作成は
計算されて袋に分けられており、
水を計量して沸騰させ粉をいれ、
撹拌して冷やすだけなので
寒天ゼリーを作る要領で簡単でした。

はじめは透明ですがそのうち白くにごり、
最終的には水分がゼリーと分離していくので
培地の寿命は3ヶ月と考えて良いでしょう。

はじめたのが5月で培地の寿命は8~9月の
間でした。夏の暑さや日差しも培地が傷む
原因の一つだと思われるので、直射日光は
避けカーテンのレース越しなどの光がベスト
かも知れません。もちろん植物育成ライトが
あれば完璧だと思いますが。












【ヴィトロプランツで培養するアスパラガスの組織片を取る】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20181230210606j:plain
アスパラガスを利用するにあたって
数々の論文やらサイトやらを参考にしましたが
輪切りでも芽が出るとの表記を見つけたので
茎頂以外に輪切りも用意しました。

輪切りは簡単でしたが茎頂培養は成長点を
採取する必要があるので少し時間がかかりましたね。

2mm以下の成長点の成長がよく0.8mmくらいが
良いとのことだったので非常に細かい作業でしたね。

アスパラガスの成長点は苞に包まれているので
苞を剥がし、突起部分の先端を集める形になります。













【ヴィトロプランツキットの植物の殺菌時の注意】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20181230210731j:plain
ヴィトロプランツのキットには
殺菌用の薬品がいくつかあり
道具を殺菌するためのもの、
植物を殺菌するためのもの、
培地の殺菌のためのものが入っていました。

培地に添加するためのものは
入れすぎると細胞が成長せず
組織片が白く変色するので
用法用量を守って正しくご利用下さい。

植物を殺菌するためのものは
決まった時間組織片を漬け込む
のですが、完全に水には溶けないので
20分ごとくらいに振るとよいかも知れません。

とはいえ茎頂培養は組織片が小さいので
殺菌剤への漬け込みは5分程度にとどめました。













【ヴィトロプランツの培地に組織片を安置する】

培地の上に組織片を安置していくのですが
培地が傷んで来ると水分で培地から流れてしまうので
ギリギリまで1つの培地を使うなら
組織片を半分培地に埋め込むようにすると良いかも
知れません

ただ茎頂培養の場合は組織片が小さいので
セオリーどおりに細胞を培地に切り込む
感じで置いていくと良いでしょう。

アスパラガスは根も大切ですが
植物は自体は縦に伸びるので
ある程度培地が入る縦長の容器
が良いのではないでしょうか?













【ヴィトロプランツ培養の結果】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20181230210641j:plain

ヴィトロプランツを用いた培養の結果は
思っていたよりも簡単で成功率が高く思われました。

小保方さんではありませんが植物にとって
万能な細胞であるカルスの形成について
輪切りのものと茎頂培養のものとの差異が
ありました。

輪切りのものは芽は伸びますが、カルスが
形成されないので根が出ず何かしら
ホルモン添加が必要かも知れません。

茎頂培養の方は1mmくらいだった組織片が
カルスを形成しながらどんどん大きくなり
養分を貯蔵する白色根も形成されたので
一応成功と言えるでしょう。











【今後のアスパラガス培養にあたって】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20181230210842j:plain
今後アスパラガスを培養するにあたって
輪切りはなかなか成果が悪かったので
メリクロン一択でいこうと思います。

アスパラガスは貯蔵根が出来ても
鱗芽群が形成されなければ冬を越せず
形成には6ヶ月かかるようなので

今後は2ヶ月に1度培地を交換し
培養していくのが得策と思われる。










【終わりに】


ヴィトロプランツの培養キットは
かなり使い易く、初心者でも問題なく
利用出来るでしょう。

ただ今回のエウガネイ産アスパラガスは
鱗芽群形成前に出してしまったので
おそらく冬を越せないかも知れません。

貯蔵根の形成&鱗芽群の形成がアスパラガス
培養のキモですね。

比較的安価なキットなので
また来年余裕があれば試してみようと
思います。





アスパラガスの高品質多収技術

アスパラガスの高品質多収技術