天才!?マッド菜園ティストHI-Dの生活

皆さんご存知マッド菜園ティストHI-D先生のマッドな品種改良を記録していく場です。まぁまぁ頑張る!

【サトウキビの育て方】東京でもざわわ

【はじめに】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20190112231447j:plain
こんにちはマッド菜園ティストHI-Dです。
皆さんはサトウキビをかじった事がありま
すか?沖縄ではサトウキビがおやつみたい
なイメージがあるかも知れませんが、沖縄
のサトウキビは皮が強固でナタなどで皮を
剥かないとかじれません。

今回はかじれるタイプのサトウキビの栽培
する方法をご紹介していきます。東京でも
栽培出来るか不安な人もいるかもしれません
が、大丈夫です。余裕!

最後に本州で栽培するために生まれた新品種
の紹介をします。






















【かじれるサトウキビとは】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20190112231514j:plain
日本で栽培されるサトウキビには主に黒糖
や黒蜜に利用されるオフィシナルム種と、
和三盆に利用されるシネンセ種の2系統が
あります。

オフィシナルム種は台風に強くするため皮が
硬くなるように品種改良されています。シネ
ンセ種はオフィシナルム種より早く日本にや
ってきた種類で、小笠原で栽培されていたの
で小笠原種とも呼ばれています。

品種名としては竹糖というものですが商品名
としてはそのまんまサトウキビなどの名前が
ついて販売される事もあります。























【サトウキビの土】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20190112231536j:plain
サトウキビの土は弱酸性からアルカリ性くら
いの広い範囲で栽培できる植物ですね。性質
としてはイネと同じく水分が多いほど光合成
の効率が上がる植物です。

ただ、水田ほどの水分は必用ないので家庭で
植木鉢やプランターなどで栽培可能です。

土としてはメロンなどに近い土で生育しやす
いという実験結果が出たので、市販のメロン
の土などでも栽培可能です。

自分で配合する場合には赤玉土2、腐葉土3、
ゼオライト2、有機石灰0.5くらいの配合が
丁度良いですね。



























【サトウキビの鉢】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20190112231614j:plain
サトウキビを栽培するための鉢やプランター
を選ぶ場合はできるだけ大きい物を選ぶこと
は当たり前ですが、2つの選び方が出来る事を
知っておくと良いでしょう。

まず一つめは10号以上の丸形の鉢植えですね。
普通の鉢植えのでかいヤツで大丈夫です。そう
いったものを使うとサトウキビは分けつが減っ
て本数が少なくなりますが太く大きく育ちます。

もう一つは長方形のプランターですが、幅25セ
ンチ、長さ80センチ、深さ30センチほどの細長
い物を使った例では、分けつが多く、細い茎が
沢山出ました。

そのため横幅があると本数が増え、深さがある
と太さがでて大きく育つということになると思
います。
























【サトウキビの剪定など】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20190112232856j:plain
サトウキビの植木鉢栽培の場合は最低限
の数にしかならないので、剪定などの必
用はありません。

ただ、夏の台風前には3~4本に束ねて紐
で結ぶと、風対策になるのでおすすめで
す。

台風で折れてしまうことは少ないですが、
曲がることは多く、曲がると茎が地面に
付いたところから根が出てしまうので
見た目が悪くなります。























【サトウキビの肥料】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20190112235302j:plain
サトウキビの肥料は、出来るだけカルシ
ウムの吸収を妨げず、鉄分の吸収を妨げ
ない様に工夫すると良いでしょう。

つまりリン酸はあまりいらない、カリも
ほどほどにと言うことになるので窒素を
多く含む肥料がおすすめです。

大豆油かすが良いと思いますが、高価な
ので普通に菜種油かすで大丈夫でしょう。

ただしサトウキビは窒素固定菌と共生して
いると思われ、肥料がなくとも充分育ちま
す。

窒素肥料を入れるよりはマグネシウムを与
えて葉緑素を増やすことに専念するのもアリ
ですね。

僕は色々試しましたが肥料入れない派です。
























【サトウキビの収穫】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20190112232101j:plain
サトウキビというと夏のイメージがあると
思いますが、東京の皆さん、本土では残念
ですがクリスマスあたりが収穫時期になり
ます。

そんなに寒さに強いの?と思うかも知れま
せんが、コレを書いているの1月12日現在
まだまだ新芽を出し続けています。

そろそろ気温が氷点下になってくるので
10日以内には枯れてしまうかも知れませ
んが、もし越冬したらインスタなどで
ご報告いたしますのでチェックしといて
下さい。






















【サトウキビの病気】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20190112232129j:plain
サトウキビにはウイルス病にかかっている
物が多く、本来の収穫量より劣ってしまう
物が多いです。まぁ、それは日本全国同じ
な上に一度かかったウイルスの除去はほぼ
不可能なのでどうしようもありません。

人間が対処できるものとしては茎が赤く
変色していたらカビに犯されている証拠
なので、茎が赤味を帯びてきたら早めに
収穫すると良いでしょう。

さもないと茎が血の色に染まります。






















【サトウキビのかじり方】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20190112232148j:plain
サトウキビのかじり方としては、サトウ
キビの葉を落として先端の方からかじる
と良いでしょう。

それが一番サトウキビ通と言えるかじり方
ダと思います。何故ならサトウキビは先端
の糖度は低く、根元に近づくにしたがい糖度
があがる性質があるからです。

ただ、根元から4~5節のあたりは茎の皮が
固めなので縦に4等分してからかじると良い
ですね。

そのままでかじると舌を切る場合が多く、サ
トウキビの味に血の味が混じります。






















【サトウキビの新品種】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20190112232209j:plain
サトウキビの品種改良は、最近では超分けつ性
能が強化された品種が生まれたことが話題にあ
がりましたが、また新しく今度は本州での栽培
に向けた新品種が生まれました。

品種名は黒海道という名前で、従来の品種では
熱帯地域より糖度が劣ることが多かった本州の
サトウキビ栽培でも、十分糖度が上がるのが特
徴です。

東京での栽培にも向いているとは思いますが、
現在は一般向けの販売はされていないようです。

欠点はオフィシナルム種とシネンセ種のハイブ
リッドであるため、竹糖などのシネンセ種より
皮が固いのが欠点です。皮付きでかじれる
サトウキビではないですね。

ただシネンセ種も出来れば皮を剥いた方が口当
たりが良く、口の中を傷つける事が無いので
皮を剥くか、4等分に割ってかじるのがおすすめ
ですね。






















【終わりに】

f:id:glowglow-seinaru-ossan:20190112232234j:plain
サトウキビの栽培は東京でも余裕で出来る
のでおすすめです。コツはしっかりと夏は
毎日水をやり、日がガンガンに当たる場所
に植える事ですね。

上手くすれば地植えでも東京で栽培できる
可能性は高いと思います。

寒さにどれほど強いかですが、今のところ
マイナス1度には耐えているという状況ですね。

鉢植えやプランターでも大きい物を使えば
日当たりの良いマンションのベランダなど
でも栽培出来ると思います。





さとうきび苗40鉢セット

さとうきび苗40鉢セット

そのまんまサトウキビ2mサイズ(さとうきび)

そのまんまサトウキビ2mサイズ(さとうきび)